《CAVE》

「キャンバスは織物」「キャンバスは白い」「空白のキャンバス」をテーマに、絵画制作のプロセスを捉え直し、絵画の支持体であるキャンバスを富士吉田にある織物工房と共に制作し、絵画の生成プロセスの視覚化を試みます。

【参考図版】水浴、砂
2020
キャンバス、油彩
142x142cm
photo: Shigeo Muto
courtesy of ShugoArts

Profile

1982年福岡県生まれ、東京都在住。東京藝術大学大学院博士課程在籍中にアニ・アルバースの研究のためにアルバース財団でのレジデンスを経験した髙畠は、芸術やデザインなど多分野に渡る素材や色彩、ものの構造に対して常に意識的な制作を続けている。画布の上に絵具を糸のようにして網状に重ねてキャンバスを再生成するかのような絵画を始め、絵具に風、水、火などの「諸元素」を用いて「作り、壊し、また作る」という弁証法的な作法をベースに偶然性を取り入れるなど、実験・思索・試行を積み重ね、新たな絵画表現の可能性に積極的に挑んだ作品を発表し続ける。