YUIMA NAKAZATO

展示会場
FUJIHIMURO
作品イメージ
作品イメージ
Curator’s Text
出展作品タイトル:《Behind the Design》

YUIMA NAKAZATOはファッションにとっては極めて実験的な素材やデザインを調査探索し、それを自身の制作するファッションに採用してきました。今回は2023年1月のパリオートクチュールウイーク(Paris Haute Couture Week)の準備のために、4分の1スケールのスタディーモデルを作り、それをインスタレーションとして並べます。YUIMA NAKAZATOは、しばしばこのスケールの模型を大量に作り、ファッションの形態の検証や素材の検討を行っています。そして製作期間中にこの模型によってアイデアの完成度を煮詰めて、それが発表作品に結晶します。今回の展示のために、この模型約50体を製作して展示する予定です。こうした模型を多数俯瞰してみることで、作品の基本アイデアの変化と流れを把握し、新しいコレクションの全体像を掴むことができるのです。
感覚的で情緒的に見えるファッション表現のプロセスにこのような論理的な製作手法が用いられていることを知ることは興味深いことでしょう。そしてそこにテキスタイルの実験の可能性も含まれているのです。YUIMA NAKAZATOは日本のファッション業界でも、最も注目される若手デザイナーで、2016年7月から森英恵氏以来、日本人として史上2人目となる、パリ・オートクチュール・ファッションウィーク公式ゲストデザイナーに選ばれ、コレクションを発表し続けています。
Artist Profile
YUIMA NAKAZATO

YUIMA NAKAZATO

1985年生まれ。2008年、ベルギー・アントワープ王立芸術アカデミーを卒業。 2015年に「株式会社YUIMA NAKAZATO」を設立。2016年7月にはパリ・オートクチュール・ファッションウィーク公式ゲストデザイナーの1人に選ばれ、コレクションを発表。その後も継続的にパリでコレクションを発表し、テクノロジーとクラフトマンシップを融合させたものづくりを提案している。